LINK
ヘルニアの中には、慢性的なタイプがあります。 ヘルニアの痛みというものは、しばらくの間は続くことが多いです。大体2週間ぐらいは、痛みが継続することが多いようです。もちろん人によっては1ヶ月近くかかるケースなどもあります。ですので個人差があるとも言えます。 シップなどを用いて安静にしていると2週間や1ヶ月近くで痛みが引いてくるわけですが、実はヘルニアによっては痛みが復活することもあります。冒頭でも申し上げた通り、ヘルニアの中には慢性的なものが存在するのです。 よく「ぎっくり腰が癖になってしまった」という話を聞くものですが。それも慢性的なヘルニアの1つです。痛みが引いたからといって、安心できない一面があるわけです。 その痛みが再発した時のタイミングなどで、改めて治療を行うことなどがあります。再発を防止するための治療方法は様々なものがありますが、どれでも効果がなかった場合などは手術が必要になってくるケースもあります。