LINK
自動車の事故は、己だけの自損事故と他の人が関与した交通事故があります。自分だけで起こした事故の場合は自分自身だけで処理をしてしまえば終了となりますが他者が関わった交通事故はどちらにどれくらい落ち度が存在したのかを調査して、これにより修理のお金や示談金等が確定しますので、保険会社の有識者にも参加してもらい協議が必要です。普通の自動車での事故でそれぞれにいくらかの落ち度がある状況が多くどちらか一方のミスであるという状態は多くありません。言うまでも無く信号無視や一旦停止無視のような違反があって起こった事故なら多大な手落ちになりますが被害を受けた人であっても手落ちが指摘されます。車での事故の状況ではどの車の落ち度で発生したのかという判断がすごく重要になってきますのでそれをみんなに分かりやすく表した材料が『過失割合』になります。先ほど記述した信号無視や一時停止無視ケースであるならば交通法であれば相手方に10割落ち度があると思えますが、もしもその車が被害者の前方から来ていて目視で確認された状況では自動車事故の被害者でも注意不足として1割程度のミスがあると認められるかもしれません。よってこの状況では事故を起こした方が9割、事故に巻き込まれた方が1割過失割合となってしまい数字が大きいとそれだけの手落ちが問われます。もっといえばこの割合それまでの事故判例を参考にして結論付けられるケースが大いにあり、日弁連交通事故相談センターから発表されている基準となる表等が参考として用いられています。このような過失の割り当てが高ければ過失、言い換えると賠償額も大きくなると判断されるので、事故後の交渉は本人同士だけでなく自動車の保険の担当の人を交えてちゃんと話すことが大事です。